いろいろしてみた

行ったり食べたり買ったり見たりした感想、体験レビュー。

Blender入門

Blender CGイラストテクニック01 クマ親子のイラストを完成させまーす☆

2016/08/09

前回作ったプリミティブによるクマちゃんとその背景に使うパーツモデル群。

今回も「Blender CGイラストテクニック」を参考に、CGイラスト作成にチャレンジしてみますね☆

 

こんな感じで作成したキャラクターと背景オブジェクトを利用して一つの絵にしていきます。

p13

 

 

それぞれの背景パーツを複製して並べたり、色を替えたりしてみました。

s04

 

 

地面が無かったのでグリッドを追加して作成してみました。

s03

 

 

カメラの位置を確認していきます。

s05

 

 

カメラ視点で見ながら位置調整したいので、Nキーで出るプロパティシェルフウィンドウの「カメラをビューにロック」へチェックを入れます。


するとカメラビューから視点を調整できてとても便利です。

s06

 

試しにレンダリングのプレビューを見てみます。

 

s07

 

ん~ん、何か寂しい絵ですな~(ToT)

 

ということで、テキストの真似でクマちゃんを複製して親子にしました・・(^^)

s08

 

これで寂しくないですね☆

 

早速シーンに組み込みます。

s09

 

ここまでオブジェクトが増えると、親子グマだけ編集するのがやりづらくなってきました。

 

他のオブジェクトを一気に隠してクマだけいじりたいな~と思い調べていくと、
Blenderにレイヤー機能があることを発見!

 

ショートカットの「Mキー」でレイヤー移動のウィンドウが表示されました。

s10

 

 

早速クマ親子だけを別のレイヤーへ移動させてみました。

p15

 

 

これですっきりして作業しやすくなりました!

s11

 

 

スッキリしたところで子グマちゃんの仕草を編集します。

p12

 

 

全体的に色が濃くて目が疲れる感じだったので、地面と木の色を少し淡くしてみました。

s16

2つのレイヤーを選択して一つのシーンに表示、カメラビューの位置を調整します。

 

試しにレンダリングプレビュー。

s12

 

ん~、何か向こう側がスカスカで気になっちゃうな~。

あ、いいこと思いついた・・。

 

レンダータブにある「透過」にチェックを入れてから、背景だけのレンダリングを開始。

s14

 

テキストには透過にすると、アルファチャンネル付きの画像(RGBA)で保存でき、
画像編集ソフトで透過レイヤーとして開けると書いてたので早速チャレンジ!

 

 

荒削りだけど、レンダリングした複数の背景画像をフォトショップのレイヤーで重ねて編集加工。

s15

 

 

前の寂しいスカスカ画像よりはちょっとマシになったかな・・・^^;

beers

 

 

一先ず何とか、Blender CGイラストテクニックのChapter01を終えることができました。

 

このままやる気があったらChapter02のCG制作もしていきますね☆

-Blender入門
-, ,