いろいろしてみた

行ったり食べたり買ったり見たりした感想、体験レビュー。

Blender入門

ELSA NVIDIA Quadro K620を購入。Blender起動操作10倍早くなりました

ELSA NVIDIA Quadro K620をパソコンに取り付け。

Blenderの起動に10秒近くかかっていたのが1.5秒弱で起動するようになりました!
q620kcp01
Quadro K620を搭載する前は標準の、インテル HDグラフィックスを利用していたのですが、Blenderの起動に10秒近い時間がかかっていました。

いざ起動してもメニューを開くのにモッサリしていて、それだけでも結構なストレスです。。

一番安かったAmazonのELSA NVIDIA Quadro K620を購入しようと思ったら完売で、
じゃんぱら」の中古品を18,000円程で購入しました。

jb-q620k02

 

Jpeg

 

中からQuadro K620本体を取り出してみると、コンパクトさにちょっとビックリ。

Jpeg

 

グラボの留め金部分はコンパクトサイズとラージサイズに対応してました。

 

P_20160808_115528

愛用しているヒューレット・パッカード制パソコンにそのまま取り付けられなかったので、ネジを外して付属の留め板に交換してみました。


P_20160808_115820

 

無事にHP制パソコンへセット完了!


Quadro K620のドライバーを早速インストール。

q620kcp05

 

インストールするとデスクトップメニューからNVDIAのコンパネを起動できます。

q620kcp06

q620kcp02

 

3Dグラフィックや画像解像度など細かく設定できます。

q620kcp03

この程度の細分化されたオブジェクト群はサクサク動きます。

sabdiv


まだまだ画面に沢山出しても平気そうです^^

Quadro K620は初心者が趣味程度に3DCG制作を楽しみたいなら十分な性能かと思います。

ただ、レンダリングに関してはスピードが変わっていません。

レンダリングも早くしたいので、intel i7上位モデルを手に入れたいです☆

 

>> Quadro K620の詳細はこちら

 

-Blender入門
-, ,