いろいろしてみた

行ったり食べたり買ったり見たりした感想、体験レビュー。

した

さっぽろ雪まつりのボランティアスタッフしてきたよ

2014/03/09

2014年のさっぽろ雪まつりでボランティアスタッフしてきました!

 

 

こちらは2014年の雪まつりポスター。

今回はハイカラな雰囲気がいい感じ出してます^^

 

20140226-145904.jpg
 

 

こちらは雪まつりのつどーむ会場。

雪まつりの つどーむ
 

多くの観光客や地元の人で賑わってます。

 

 

雪像は2列くらい連なっています。

札幌雪まつり つどーむ
 

大通り会場とは違い、雪像は少ないですね。

 

 

雪像は今一人気がない感じで寂しいですね^^;

雪まつり 雪像
 

 

 

こちらは小さな愛の雪だるまです。

雪まつり 雪だるま
 

 

 

「北海道米LOVE」の看板が目印の巨大滑り台。

雪まつり 米LOVE
 

この雪の滑り台を目当てで遠くから来ている家族連れも、多いみたいですね。

 

結構な時間並ぶけど、それだけの価値はある巨大滑り台。

 

 

チューブスライダーは大人も楽しめるため、子どもに混じって並んでいますね^^

雪まつり 滑り台
 

小さな子どもも安心!

スタッフの方がしっかり安全管理してくれています。

 

 

 

こちらは氷の滑り台。

雪まつり 滑り台
 

規模は小さいけど、幼児から低学年の子どもがよく滑っていました。

 

 

 

こちらは雪遊びを体験できるエリア。

さっぽろ雪まつり

 

 

多くの家族連れが来て楽しんでる感じ。

 

 

 

比較的小さな子どもの親子連れや、おじいちゃん・おばあちゃんも多いですね。

つどーむ 雪まつり
 

 

 

こちらは音楽に合わせ大人が持つ2本の竹の間を足踏みする遊びをしている子ども。

雪まつり 遊び
 

所謂、伝承遊び的なアトラクションもつどーむ会場の魅力の一つ。

 

 

こちらのエリア、1,2歳~小学校低学年の小さな子どもに大人気な

雪遊びコーナー。

雪まつり 子ども
 

スコップやバケツなどを使って、雪を固めたり、型をくり抜くなど、

雪で物を作ったりして遊んでいる感じですね。

 

外国からの家族連れも楽しんでました。

 

 

今年から?日清カップヌードルの汽車が走りだしてました^^

カップヌードル列車
 

かなりの人気で、40分待ちの行列になってました^^;

 

ヤカンの雪像がかなり作りこまれててビックリ!

 

 

こちらは無くてはならない売店。

雪まつり 売店
 

寒いのでついつい暖かい物が食べたくなります。

 

 

つどーむの中では数軒のラーメン店が店を構えていました。

雪まつり ラーメン
 

一度では食べきれないので、数日に分けて全部制覇したいですね!

 

実は外国の方から、「ラーメンどこですか?」と聞かれました。

やはりラーメンって、外国人に大人気みたいですね^^

 

 

広い雪まつり会場では子どもが迷子になるのは普通の光景。

雪まつり 迷子センター
 

子ども迷子になったら、スタッフが放送で呼びかけてくれるので安心ですよ^^

 

雪まつりのパンフレットや場所案内はここに来れば解決です!

 

さっぽろ雪まつりのつどーむ会場って、大通り会場からは結構離れているためか、

場所が分からず訪れない観光客も多いみたいですね。

 

直通のバスが出ているので、そちらに乗れば2つの会場をハシゴできて便利です。

 

 

つどーむ会場はどちらかと言えば、家族連れ向けアトラクションが多く、

一人や友達同士、カップルとかで行くには物足りない側面も。

 

 

-した
-,